ヘアケアに関するお悩みをスパッと解決!

ヘアケアに関するお悩みをスパッと解決!

痛んでしまってからでは遅すぎる!

パーマやカラー、コテやアイロンなど常用していますと、どうしても髪の毛は痛んできます。切れ毛や枝毛が増えたり、髪にツヤがなくなりパサついたり、髪が折れてしまったり。ダメージがひどくなれば、もう人の髪の毛とは違うようなゴワゴワした手触りになり何をしてもコントロールできなくなってしまいます。
実はこうなってしまってから修復するというのは不可能なのです。髪は私たちの皮膚から離れた、いわば「死んだ細胞」なのです。私たちの細胞は傷つくと修復する力がありますが、髪の毛は死んだ細胞であるため、修復する力を持ち合わせていません。そのため、ダメージを受けるとそのダメージは切るときまでずっと残るのです。
ですから、ダメージを受けてしまってから修復しようとしても遅いのです。ダメージを最小限にする努力がなによりも大切です。
特に熱によるヒートダメージは、髪の中のたんぱく質を変形させて固めてしまいます。そのためゴワゴワした手触りになってしまうのです。

パーマやカラー、コテやアイロンなど常用していますと、どうしても髪の毛は痛んできます。切れ毛や枝毛が増えたり、髪にツヤがなくなりパサついたり、髪が折れてしまったり。ダメージがひどくなれば、もう人の髪の毛とは違うようなゴワゴワした手触りになり何をしてもコントロールできなくなってしまいます。

実はこうなってしまってから修復するというのは不可能なのです。髪は私たちの皮膚から離れた、いわば「死んだ細胞」なのです。私たちの細胞は傷つくと修復する力がありますが、髪の毛は死んだ細胞であるため、修復する力を持ち合わせていません。そのため、ダメージを受けるとそのダメージは切るときまでずっと残るのです。

ですから、ダメージを受けてしまってから修復しようとしても遅いのです。ダメージを最小限にする努力がなによりも大切です。

特に熱によるヒートダメージは、髪の中のたんぱく質を変形させて固めてしまいます。そのためゴワゴワした手触りになってしまうのです。

Info & Utils

Published in 水曜日, 3月 20th, 2013, at 2:38 PM.

Do it youself: Digg it!Save on del.icio.usMake a trackback.

Previous text: .

Next text: .

ヘアケアに関するお悩みをスパッと解決! © 2013.