ヘアケアに関するお悩みをスパッと解決!

ヘアケアに関するお悩みをスパッと解決!

市販品のカラーリング剤について

カラーリングをする方法としては、美容院で行う方法と、市販のカラーリング剤を購入し自宅でセルフカラーリングを行う、この2つの方法があります。
市販のカラーリング剤を使って自分で髪を染めるのは、手軽で時間もかからず、値段も手ごろなため、たくさんの方が利用された経験があるかと思いますが、実はセルフカラーリングを行ったことによるトラブルが増えているそうです。主なトラブルは色の仕上がりにムラが生じた、髪のダメージが深刻になったということです。
カラーリング剤には通常、髪の色を明るくするためのブリーチ剤と、好みの色に染めるための染料が配合されています。こうしたカラーリング剤を一般的にはアルカリカラー剤と呼びますが、市販のカラーリング剤はブリーチ効果がとても強いのです。どの髪にも同じような強さでブリーチをかけるため、髪が弱かったりダメージヘアの方は、より強いダメージを受けることになってしまうのです。

カラーリングをする方法としては、美容院で行う方法と、市販のカラーリング剤を購入し自宅でセルフカラーリングを行う、この2つの方法があります。

市販のカラーリング剤を使って自分で髪を染めるのは、手軽で時間もかからず、値段も手ごろなため、たくさんの方が利用された経験があるかと思いますが、実はセルフカラーリングを行ったことによるトラブルが増えているそうです。主なトラブルは色の仕上がりにムラが生じた、髪のダメージが深刻になったということです。

カラーリング剤には通常、髪の色を明るくするためのブリーチ剤と、好みの色に染めるための染料が配合されています。こうしたカラーリング剤を一般的にはアルカリカラー剤と呼びますが、市販のカラーリング剤はブリーチ効果がとても強いのです。どの髪にも同じような強さでブリーチをかけるため、髪が弱かったりダメージヘアの方は、より強いダメージを受けることになってしまうのです。

 

Info & Utils

Published in 火曜日, 8月 28th, 2012, at 2:33 PM.

Do it youself: Digg it!Save on del.icio.usMake a trackback.

Previous text: .

Next text: .

ヘアケアに関するお悩みをスパッと解決! © 2012.